< title>KORU kitchen ~ ベジ弁当ブログ 2008年11月
FC2ブログ

プロフィール

コル

Author:コル
夫(カナダ人)と愛娘(1歳)との自然派生活。おべんと版。プラスα


人気ブログ・ランキング


最近の記事


最近のコメント


リンク


カテゴリー


月別アーカイブ


全記事表示リンク


*ランキング*

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
↑今日もポチッとお願いします↑ ↑明日への励み、ありがと~~↑

ブログ内検索

お客さま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿と梨のブレッドプディング

DSC_4945_convert_20081202134937.jpg

ダンナさまは熟れた果物が嫌いです。熟れた果物、腐る一歩手前?の果物ほど甘くて美味しいと言う人もいっぱいいるはず。でも、少しでも柔らかくなった果物、切った後にちょっと変色してしまったりんご、黒い斑点が一つでもるようなバナナはもうダメです。青臭くて硬い果物が好きなのです。
そして、家にはたくさんの柿。食べるのが追いつかず、かなり熟れ熟れに。さらに、もうひとつ、大きな梨。大きくて1回では食べれそうにない上に、最近寒くて、冷えた梨を食べる気になれないまま冷蔵庫でずっと眠っています。
そうなると、やはりお菓子に使うのが一番、ということで、この二つでブレッドプディングを作りました。しっかり熟れて甘いので、加える甘みも少なくてすみました。

お菓子はイベントの時だけと、何となく決めたせいもあって、久しぶりのスイーツです。スイーツというほどのものでもないけど、食後にデザートがあるとやっぱり嬉しい♡(ただし、かなりお腹にたまるので食後に食べる時は要注意。)

<材料>
柿          小5個 
梨          大1/2個
自家製ライ麦入りパン 1斤
豆乳         1カップ
りんごジュース     1カップ
自然塩        ひとつまみ
玄米飴        適量   

<作り方>
1、柿と梨を適当な大きさ(8等分・5mmスライスくらい)に切って鍋に入れ、塩をひとつまみ加えて煮る。
2、パンを一口大(2~3cm角くらい)に切り、豆乳とりんごジュースに浸す。
3、1と2を混ぜ合わせて型に詰め、170度に予熱したオーブンで約20分焼く。
4、一度オーブンから取り出して表面に米飴を塗り、200度に温度を上げたオーブンで焼き色がつくまで10分ほど焼く。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

スポンサーサイト

かぼちゃ弁当

DSC_4937_convert_20081128122057.jpg

黒米玄米ごはん

かぼちゃの煮物
今季1、2を争う当たりかぼちゃでした。甘くて美味しかった~。私の醤油加減がよかったのかしら。でもちょっと煮すぎて柔くなったのは反省。ダンナさまはかぼちゃ大好き♡私の料理を食べるまで、かぼちゃはほとんど食べたことがなかったそうです。そういえば、義父は私たちがかぼちゃの皮を食べるのを見て驚いていました。このかぼちゃは鉄兜というものらしく、見た目も普通のとは違いました。興味のある方は『農楽園 晴ればれ』まで。(勝手に宣伝していいのかしら...?)

春巻き
中身はもやし、椎茸、きくらげなど。切った時に片方欠けちゃった�A�C�R�������͂��Ă�������

人参サラダ
人参をピーラーで薄く切って、かぼちゃの種のソースで和えました。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

オープンいなり弁当

DSC_4924_convert_20081128122007.jpg

いなりずし
うす揚げを醤油で煮ておいて、炊いただけの玄米ごはんを詰めただけの手抜きいなりですが、今日のいなりはすごくおいしかったと言われました。上にのってるのがよかったかな。と言っても、こちらも手抜き気味。ひとつは白菜の千切りで、もうひとつは揚げを煮た醤油でそのまま煮た四角竹です。

ぎょうざ
夕飯の残りを冷凍しておいた餃子なので、中身が不明。地粉(たぶん全粒粉)で作った皮なので、茶色です。

かぶとひよこ豆のサラダ
かぶとひよこ豆をかぼちゃの種のソースで和えました。ソースはかぼちゃの種を炒って、バーミックス(本当はすり鉢がベター)で粉状にして梅干と水(出汁)を加えるだけですが、マヨネーズのような、チーズっぽいような、なかなか濃厚なソースになります。水の量を加減すれば緩さも自由に調節できます。
DSC_4918_convert_20081128122035.jpg


旬ですね~。柿の明るい色はお弁当に持ってこいですね。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

ポトフ弁当

DSC_4910_convert_20081126185053.jpg

コーンブレッド
いつものレシピ

ポトフ
かぶ
人参
玉ねぎ
じゃがいも
とろろ揚げ
マスタード

かぶをたくさんいただいたので、ポトフを作ってみました。材料の半分はもらいものなのに、マスタードや調味料まで全部オーガニックなのはありがたい。野菜だし(大根のへたの部分や玉ねぎの皮など野菜の使わない部分をとっておいて、グツグツ煮て濾したスープです)、月桂樹、粒黒胡椒、塩で作りました。
とろろ揚げは、すりおろした自然薯に米飴粕、小麦粉と水を少量加えて揚げました。祖母の山から届く自然薯はいかにも自生という感じで、いつも野性的な形と表面(皮やヒゲが強い)をしています。そのため、調理するのがちょっとだけ大変だったりもしますが、その味と粘りはそんじゃそこらの山芋なんかとは大違いです。今回もやや黄色い薯をすりおろすとパン生地のように粘りとまとまりのあるとろろになって、揚げる時も手で簡単に成形できるほどです。さて、残りはどうやって食べよっかな。

DSC_4894_convert_20081126185115.jpg

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

柿&筍弁当

DSC_4813_convert_20081125224943.jpg

黒米玄米ごはん

柿なます
柿と大根のなますです。大根を塩で軽く揉んで、柿、柚子、醤油少々で和えます。柿の甘みがいい感じになじみます。

筍と薄揚げの醤油煮
筍をいただきました。四角竹と言って今の時期に採れるのだそうです。歯ごたえがよくって、うすあげと醤油だけで十分おいしいです。

三角コロッケ
ひじきと玉ねぎ入りのポテトコロッケ。丸く成形するのが面倒で、おにぎりをにぎるように作りました。

↓ランキングに産科してます。
 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

ワッフルパーティ

DSC_4801_convert_20081125224919.jpg

玉ねぎ弁当

DSC_4796_convert_20081123225518.jpg

小豆入りごはん+ごま塩

玉ねぎのロースト
玉ねぎ丸ごと入れようと思っていたけど、半分しか入りませんでした。丸ごと1個の玉ねぎ(皮付きのままでOK)に塩とオリーブオイルをふりかけてアルミホイルに包み、オーブン(トースター)で焼きます。夜に30分位焼いて、そのままオーブンに置き、余熱でさらにじっくり火を通します。

きんぴらおから
先日の、濃い味きんぴらをおからと煮ました。おからはお豆腐屋さんでただでもらえます。このお豆腐屋さんは九州産の大豆とこの土地の照葉樹林が生んだ湧水でお豆腐を作っています。1丁600gのずっしりとしたお豆腐です。お豆腐屋さんで見るおからの山にはびっくり。これって産業廃棄物みたいな扱いになるんですよね。(馬の蹄を磨いたり詰めたりするという話も聞きましたが。)そう考えると、お豆腐を作る、食べるってすごく贅沢なことなんだと感じます。自分が食べた豆腐を作るためにできたおからの量ってどのくらいなんだろう。たぶん、自分では食べきれないくらいなんじゃないかな。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

酢豚風弁当

DSC_4790_convert_20081120221136.jpg

昨日も姫を寝かせながら一緒に眠ってしまいました。7時半頃寝かせて、起きたのが7時前だったので、11~12時間!途中、姫の授乳で起こされてはいるのですが、添い乳なので、その記憶もあいまいです。これだけ眠れるとさすがに朝は気分がいいですね。寒くて布団から出たくないけど、まあ起きてやるかって気にもなります。ただ、夜に何にもしていないのでちょっと焦りますが...。今日の朝も「お弁当どうしよう、お米も洗ってない!」と焦りましたが、まずは姫の授乳で身動きが取れません。でも、その時間がかえっていいのか、冷静に段取りを考えられます。今日もそんなんで、それなりにできた自分に自画自賛です。まだお弁当作りを始めて4ヶ月しか経っていませんが、今日は無理だと思っても結局はどうにかなるもので、1日も欠かさず作ってこれました。実は、家の近所やダンナさまの通勤途中、職場近くにコンビニなどがないことも勝因だったりします。お弁当とは関係ないですが、携帯電話を持っていない私たちがよく感じること「不便って便利だよね」と同じですね。

酢豚風
豚肉の代わりに大豆たんぱくで作りました。ちょっと残念なのは、うちの米飴の色が濁っていて、お店で見るような透明感がでないことです。でも、おかずとしてはボリュームもあるし、ダンナさまはすごく満足だったようです。

のり巻き2種
きんぴらごぼうと梅しそをそれぞれに巻いた、3分でできる簡単のり巻きです。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

干し芋・干しりんご

DSC_4786_convert_20081120221116.jpg

“干し”の季節がやってきました。夏も干してましたが、私にとっては干物の本格的なシーズンです。寒波がやってきて11月とは思えぬ寒さに唯一嬉しいことも、この美味しい乾物ができることです。

今日はさつま芋とりんご、無農薬のりんごも手に入ったので皮付きです。去年はこの干し芋と干しりんご、そして干し大根が姫の歯固めとして大活躍しました。意外にも、姫が一番気に入っていたのは干し大根。まだ1歳にもなっておらず、離乳食もほとんど食べていませんでしたが、干し大根だけは外出先でも自分で入れ物から出して噛んでいました(ふにゃふにゃになるまで噛んで、あとは出します)。干し芋は硬いし、干しりんごは柔らかいし、干し大根の適度な硬さと噛めば噛むほど甘く、柔らかくなる食感がよいのかもしれません。この1年いろんなものを食べだした姫、さて今年も干し~、気に入ってくれるかな。

おいしい人参がたくさん手に入ったので、この下では人参も干しています。人参やゴボウ、白菜などなど干しておくと、お味噌汁の具なんかに重宝しますよね。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

サクサク☆あげ丼弁当

DSC_4776_convert_20081120221022.jpg

うすあげ丼
丼と言うほどのものではないですが、水で溶いた豆味噌をぬったうす揚げをカリカリに焼いてごはんにのせました。うすあげは焼くと(オーブントースターを使うと簡単)、カッリカリのサックサクになります。今度はタレをたっぷりつけて蒲焼き風にしてみよう。

あんかけペンネ
夕飯のあんかけ豆腐ステーキのあんを多めに作ったので、全粒ペンネにからめました。あんの中身は、人参、いんげん、しいたけ、長ネギ。

大根サラダ
大根、人参、海藻を、醤油と柚子で作ったドレッシングで和えました。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

きんぴら丼弁当

DSC_4754_convert_20081118215314.jpg

昨日もきんぴらでしたが、今日はオーソドックスなゴボウのきんぴらです。おかずがそれくらいしかなかったので(作ればあるけど、最近手抜き気味)、ごはんの上一面にきんぴらと椎茸をのせたらあまりにも真っ茶色になってしまったので、間にレタスをはさんだり、椎茸を交互に裏返してみたり、ちょっとあがいてみました。

ごぼうのきんぴら
ごぼう、人参、糸こんにゃく、白ごま、唐辛子。もうしないと決めたのに、またお醤油を一升瓶から直接注いで入れすぎちゃいました。しかも、おしゃべりしながら(いや、だからこそ)。そのせいで、しっかりお醤油色。ごはんが進むはず。

椎茸の煮付け
たまには甜菜糖でちょっと甘めに。

しょうがの甘酢漬け

リゾットパン
「おかゆパン」ならぬ「リゾットパン」です。夕飯に作ったリゾットが余ったので、おやつ用にアレンジしました。リゾットのお野菜やひよこ豆に加え、少しだけ残っていたクスクスや米飴粕も入れ、人参の葉も入れ、何でもありの中身になりました。冷蔵庫のお掃除というか残飯整理というか...。作りながら、不安もあったのですが、私は味見の1個だけで、あとの十数個はダンナさまと姫で、あっという間にたいらげちゃうほど大盛況でした。お弁当にする予定ではなかったのですが、スナック用に持って行きたいというので、おまけです。

↓応援ありがとうございます!↓
 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

蓮根のきんぴら弁当

DSC_4739_convert_20081117220428.jpg

黒米入り玄米ごはん
うちのごはんは黒米入り。友人が作っているお米ですが、田植え、いや種蒔きの時から黒米が混ざってるみたいです。

蓮根のきんぴら
今日一番おいしかったのはこれらしいです。私も蓮根大好き。辛党のダンナさまのためにフレッシュな唐辛子を入れた時に、その手で目をこすってしまい、大変な目に遭いながら作りました。Hくんちの唐辛子は超強力です。去年は、これを触って抱っこ&授乳したら、姫が1時間泣き止みませんでした(後にも先にもこの時だけ)。

かき揚げ
おいし~い人参といんげんのかき揚げ。

人参の葉と米飴粕のフリッター
食材は無駄にしない。一物全体。意外と後ひくおいしさです。

ひよこ豆とクスクスのクミンサラダ
ひよこ豆とクスクスを作りすぎたので、一昨日は豆腐マヨエーズで、昨日はバジルのジェノベーゼで、今日はクミン・白練り胡麻・醤油でサラダにしました。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

バースデー♡ショコラ

DSC_4639_convert_20081116164807.jpg

ダンナさまが30歳の誕生日を迎えました!
記念すべき日なのですが、私は仕事がフルに入っていて、申し訳ないけど豪華な夕食を作る暇はなし。こういう日に限ってダンナさまより早く出勤、うちの夕食は5時半~6時からなので、夕方も余裕なしでした。

ダンナさまに誕生日に何が食べたい?と聞いたところ、答は『ハンバーガーとフライドポテト』(鍋と言ってほしかった...)。ジャンキーなものに飢えてるようです...。でも『私流で』ということだったので、もちろん肉なしハンバーガー。パンは地元のライ麦入り(前日から仕込み)、パテは人参と蓮根の照り焼きハンバーグ風、その他玉ねぎや椎茸、かんぴょうのソテーをはさみました。豆腐マヨネーズとマスタードも入ってます。フライドポテトはYさんちの人参といんげんとごぼうのフライになりました(ちなみにYさんちの人参は世界一おいしいと言われています)。誕生日にワンプレート+スープだけというのはちょっと寂しいかな~とも思ったけど、ダンナさまも喜んでくれたようです。

DSC_4629_convert_20081116164951.jpg

そして、誕生日といえばバースデーケーキ☆去年は、ちゃんとデコレーションケーキを作ったけれど、今年は余裕なし。でも、ちょっと特別感を出すためにいつもは使わないチョコレート(カカオマス100%)を使って、ちょっと大人なケーキにしてみました。30歳だしね。レシピはガトーショコラ。誕生日に失敗は許されないから、今日はレシピ通りに!と思ったのも束の間。メイプルシロップじゃなくて自家製の米飴とオレンジジュースが使いたいなあ、豆腐あるだけ入れちゃえ、その分カカオも増やして、小麦粉も増やそetc.と結局また自分勝手な方向へ。出来上がりは、ガトーショコラというよりムースドショコラ。でも、しっとりしてこれがかなり美味しかった。甘さは控えめだったけど、豆乳とアーモンドパウダーで作ったクリームを合わせればバッチリ。『30』のゼロがちょっとバランス悪いけど、とりあえず、ケーキもOK!

授乳中ということもあって、チョコレートを食べるのは私もかなり久しぶり。そして、姫にとっては初体験!最初は、姫が眠ってから二人で(私はちょっとだけ)と思っていたら、タイミング良く私の母が遊びにきて、ダンナさまが皆でケーキを食べようと言い出し、姫も食べることに。一口で苦いって言わないかな~と期待していたのに、しっかり何口か美味しそうに食べていました。そして、問題は翌日!姫がやたら元気がよく、興奮しているのです。聞き分けも全然ない!ダンナさまも「なんで今日はこんなに大変なの?なんでこんなに聞き分けがないの?」と。実は夜中も機嫌が悪く、私は何度も起こされていたのです。ダンナさまは「まさか」と言っていたけど、私は絶対チョコレートの刺激だと思ってます。こわいこわい。ともあれ、Happy Birthday!!

DSC_4638_convert_20081116164837.jpg

DSC_4644_convert_20081116164913.jpg

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

ぎょうざ弁当

DSC_4587_convert_20081116164703.jpg

むかごごはん+昆布の佃煮
また母が拾ってきました。美味しいのですが、頻繁になると「またか」と思ってしまう贅沢者です。お味噌汁の出汁にした昆布がまた沢山たまったので佃煮に。

ぎょうざ
母が隣町・綾町産の地粉を持ってきたので、ぎょうざにしたら全粒粉だったのか、茶色いぎょうざになってしまいました。昨日はこれでぎょうざ鍋をしました。中身は昨日の中華まんの具の残りです。

ひじきコロッケ
久々に無農薬のじゃがいもを入手。コロッケの定番はジャガイモですが、うちでジャガイモのコロッケを作ったのなんていつぶりだろう。じゃがいもは体が冷えると言いますが、気にしな~い。ひじきと自家製テンペ入り。

いんげん+豆腐マヨネーズ
山の上のYさんちのいんげん。

こちらは私と姫の。ひよこ豆とクスクスのサラダ(豆腐マヨ和え)もプラス。
DSC_4598_convert_20081116164736.jpg

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

焼うどん&中華まん弁当

DSC_4568_convert_20081113160731.jpg

焼うどん
朝ごはんには昨日のごはんがあるし、お弁当のためだけにごはんを炊くのは面倒くさいなあと思い、今日は焼うどん弁当になりました。単品なので楽ですね~。エリンギ、うす揚げ、玉ねぎ、ちんげん菜入の塩焼きうどんです。

中華まん(野菜まん)
昨日のおでんに引き続き、寒くなると食べたくなるのがコレです。蒸したてをフハフハいいながら食べるのは最高ですよね。お弁当ではそういうわけにはいきませんが、それでもダンナさまは喜んで持って行きました。中身は玉ねぎ、ごぼう、人参、なす、ちんげん菜、きくらげ、椎茸で、味噌、葛で味、とろみを付けました。水分が多くなってしまったので、粉々に砕いたパン(パン粉)も入ってます。もちろん、生地から手作り。

DSC_4553_convert_20081113160752.jpg
昨日は蒸したての熱々を食べました。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

おでん弁当

DSC_4540_convert_20081112145425.jpg

ここ数日曇っているせいもあって、ずいぶん寒くなってきました�� カナダ生まれのダンナさまはすでに南国・宮崎の寒さにふるえ始め、私のちゃんちゃんこ(綿入れ?どてら?)を着て夜をしのいでいます。私はというと「寒くなってきたなあ。こんな日は~が食べたいなあ。」と常に方向は『食』。そこでやっぱり食べたくなるのは、おでん!一昨日の夜に作ったので、味もかなりしみてます。

おでん
・玄米餅巾着
・手作りコーフー(素揚げ)
・車麩(素揚げ)
・大根
・人参
・蓮根
・じゃがいも
・こんにゃく
・椎茸
・昆布
(椎茸昆布だし、塩、醤油、酒)

小豆入りおにぎり

生姜の甘酢漬け

DSC_4512_convert_20081112145751.jpg
一方、姫。半袖を着せても脱ぐ。

↓応援ありがとうございます。
 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

ライスサラダ弁当

DSC_4539_convert_20081111195651.jpg

ライスサラダ
大根、人参、大根葉の漬け物、しょうがとごはんです。いつもは醤油と酢で味付けしますが、今日は大根葉がすでに辛かったので、米酢だけ加えました。それって、おすしとあまり変わらない?

カレー生春巻き
さっと茹でた白菜の葉とカレー酢(カレー粉、米酢、醤油、甜菜糖)に一晩漬けたもやしを生春巻きの皮で巻きました。

きんぴら
ごぼう、人参、こんにゃく。

椎茸のお煮付け
昨日、ちょっと触れた椎茸が今日登場。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

特産品もどき弁当

DSC_4502_convert_20081110205259.jpg

今日は作りながら「これ○○みたいだなあ」というのが重なったので『特産品もどき』ということにしました。ひとつは鹿児島のさつま揚げ、もうひとつは熊本の辛子蓮根。夜、椎茸の煮付けも作ったので、それがあれば宮崎(大分)特産も加わったのになあ(宮崎では椎茸弁当という駅弁が有名です。椎茸は大分も有名なはず)。全部九州だ。

黒米入り玄米ごはん+ごま塩

テンペと米飴粕の磯辺揚げ
材料的には全くさつま揚げっぽくないのですが、見た目や揚げ方から、さつま揚げを作っている気分でした。外はサクッとしていますが、中はモチッとした食感です。材料はほぐしたテンペ、自家製玄米飴(黒米入り)のおから、青のり、塩、小麦粉。

マスタード蓮根
熊本名産・辛子蓮根のお手軽バージョンです。蒸した蓮根をマスタードで和えるだけ。ダンナさまの大好きな一品。

大根と白菜の...
大根と白菜のん~何だろう。キャラメリゼ(照り焼き?)っぽくしたかったのですが、しっかり焦げ目をつけるに至りませんでした。拍子切りの大根と白菜を焼き炒めて、米飴と米酢、しょうゆで絡めました。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

みんなで水餃子

DSC_4495_convert_20081110001105.jpg

ブレッドプディングを持って遊びにいったK家では、お昼に名古屋土産のこだわり味噌煮込みうどんをご馳走になり、夕食までしっかりいただいてしまいました。

夕食は皆で作った水餃子。60個位作ったのかな。ペロッといただいちゃいました。
皮は強力粉、薄力粉、塩、水。具は豆腐、ニラ、椎茸、オートミール、しょうが、くずなど。たれも2種類。おいしかった~!ありがとう!!

DSC_4474_convert_20081110001039.jpg 具を包むボーイズ


DSC_4484_convert_20081110001137.jpg 横で踊る子どもたち

DSC_4481_convert_20081110001255.jpg ちなみにふんどし愛用中の姫

DSC_4492_convert_20081110001203.jpg いただきま~す♪


アレンジ自在☆ブレッドプディング

DSC_4461_convert_20081109225433.jpg

アップル・ブレッドプディングを作って友人の家に遊びにいきました。レシピなしで適当に作ったのですが、これがなかなか美味しかった!しっとりと甘く、切り口も是非お見せしたかった...。スポンジケーキやパウンドケーキとは違うので油やベーキングパウダーも使わないし、失敗もない。使う材料、分量、割合は人それぞれの好みでどうにでも変えられるので、簡単な料理みたいです。アレンジも考えてみました。

~今日のレシピ~
<材料>
りんご         4個
自家製玄米&黒米あめ  適当
オールスパイス     適当
自然塩         小さじ1/2くらい

自家製パン         1斤
(強力粉300g・甜菜糖大さじ1・自然塩小さじ1・ナチュラルイースト)
りんごジュース       2カップ
豆乳            1カップ
自家製バニラエクストラクト 大さじ2 

<作り方>
1、りんごの皮をむいて8等分し、5~10mmにスライスする。(無農薬なら皮ごと)
2、フライパンに米飴を入れて火にかけ、りんごを炒めながら絡め、塩を入れて蒸し煮する。りんごに火が通ったら、水分を蒸発させながら、りんごのキャラメリゼを作る。
3、パンを一口大に切り、混ぜ合わせたりんごジュース・豆乳・バニラエッセンスに浸して、パンに液を吸い込ませる。
4、3に2を加えて全体に均一に混ぜ、隙間を作らないように型に入れる。(好みで、りんごを上に飾る。)
5、180度に予熱したオーブンで焦げ目がつく程度に焼く。(今回は約20分焼き、一旦外に出してハケで米飴を塗り、再びオーブンに入れて10分焼いた。)


♪♪アレンジ♪♪
材料は基本的に4種類+α、それを自由に組み合わせればOKです。

①果物・野菜
*りんご、洋梨、バナナ、柿、ベリー、栗、さつま芋、南瓜、人参、ほうれん草 etc.
*蒸し煮する、キャラメリゼして入れる、生のまま入れる etc.

②パン
*食パン、バゲット、ローフパン、全粒粉パン、米粉パン、レーズンパン etc.
*1種類でも、2種類組み合わせても

③甘い浸し液
*りんご・みかん・ぶどう・人参ジュース、豆乳、甘酒、ココナッツミルク、穀物コーヒー、抹茶、メイプルシロップ、米飴
*組み合わせ自由

④自然塩少々
*果物や野菜の甘みを引き出す。
*陰性に傾くスイーツのバランスをとる。

⑤オプション
*シナモンなどのスパイス、レーズンなどのドライフルーツ、ナッツや種子、豆、バニラエクストラクト、ラム酒、レモン汁 etc.を入れる。
*お皿で豆乳クリームを添える、シナモンをふる、メイプルシロップをかけるetc.

・果物や浸し液、オプションで好みの甘さを調節できる。
・果物とパンの割合を調節できる。
・浸し液の分量でしっとり、さっぱり、ドライなどの食感も調節できる。

こんな感じです。いろいろ試してみたくなったのは私だけ?

↓応援ありがとうございます。
 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ 

ピタ弁当

DSC_4448_convert_20081109040655.jpg

今月は毎週末(金or土)研修です。それで今日は3人分のお弁当。赤いのは姫のお弁当です。いつも写真を撮る時にお弁当に手を出そうとして大変なのですが、今日は手を出さず、まわりにおもちゃを並べて飾ってくれました。

ピタサンドのお弁当は前にも作ったはずだけど、何を入れたか全然覚えてないなあ、と思ったら『ブログ内検索』(左下)なんて機能がありました。興味のある方はこちらもどうぞ →→ ピタサンド弁当

自家製のピタパンにおかずは2種類

パンプキンサラダ+サラダ菜/レタス
昨日のお弁当にも入っていたので詳しい中身はこちら。ピタバンや野菜との相性がよかったのか、お昼に食べながら自分でも思わず『ん!』とうなってしまいました。夜、ダンナさまにも「今日のピタパンすごく上手に焼けてた」とお褒めの言葉をいただいたので、「本当においしかったよね~」と自画自賛しながら二人でピタ話に盛り上がりました。

舞茸+厚揚げ+キャベツ
詳しく言うと、バジルのジェノベーゼで炒めた舞茸オーブントースターでカリカリに焼いた厚揚げ千切りキャベツを入れました。厚揚げを見た友人に「それ肉?」って聞かれました。ただの絹厚揚げですが、お肉にも見えるらしいです。

↓こちらもプチ・プチッとどうぞ。
 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

パンプキンサラダとのり弁当

DSC_4436_convert_20081107140046.jpg

のりごはん
ごはん・しょうゆ・焼きのりを2回重ねています。海苔は東京の友人からいただいたもの。いつもの海苔よりパリパリしていてすごくおいしいです。

パンプキンサラダ
蒸し煮してつぶしたかぼちゃに、白練り胡麻、マスタード、米酢、塩を加え、醤油で炒めたテンペ(ほぐしたもの)とひじきを加えました。サラダ菜を添えています。やっと庭の葉物が使える季節になりました。

凍らせ豆腐の味噌ステーキ
凍らせておいた豆腐を自然解凍して、両面に八丁味噌とみりんを溶いたタレを塗りながら焼きました。お味噌汁の具にお豆腐を半丁だけ使った時など、残りを切り分けて冷凍保存しておきます。普通の豆腐より日持ちするし、1丁全部でもする価値ありです。高野豆腐ほどシュワシュワ(?)にならず、適度に柔らかいので食べやすいです。煮物や鍋などには凍ったまま入れるだけなので便利です。

↓応援ありがとうございます。
 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

お弁当の仕切&汁漏れ対策

コメントで質問していただいた汁漏れ対策についての方法をご紹介します☆
なんて言うほど、大した技もなく、まだお弁当作りを始めて4ヶ月足らずの私は、日々試行錯誤。ちょっと無理矢理だったり、これで何とかなるんじゃないかと掛けに出るような日々でもあります。

ダンナさまが量を求めていることもあって、私はおかずをギュウギュウに詰める方です。松花堂弁当のようなお弁当の方が得意な方もいるかもしれませんが、優雅にみせるあの空間は、かえっておかずの置き方や配置のバランスなど高度な技がいるような気がします。詰まっている方が、おかず同士がお互いに補い合い、かばい合ってくれるので、それでごまかしてしまえってこともありです(例えば、コロッケが半分崩れても、そっちを下にして隣のおかずで隠しちゃうとか)。それに、ギュウギュウに詰めた時のボリューム感とにぎやかさは、特に男の人には好印象なのではないでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが、汁漏れ対策で私がやっていること

①小さな器を使う。
最初の頃のお弁当にはよく登場していたと思いますが、おちょこココット皿、ケーキ屋さんのゼリーなどが入っているカップマフィン型などを使います。欠点は物によっては重かったり、必要以上に場所をとることです。

②食材を器にする。
ゆずかぼすなどは、大きさ・堅さ共に使いやすいし、これからの季節たくさん出回るのでおすすめです。ピーマンの上を切って使うのも簡単です。ミニかぼちゃなどもいいかもしれません。その他、袋状のうすあげなどもおかずによっては使えそうだし、やったことはありませんが、焼いた厚揚げをお皿のようにくりぬいても、味が豆腐にしみ込んでおいしそう。

③ばらんの葉を使う。
ばらんは笹のような形の大きな葉です。お弁当作りを始めた頃は庭にまだレタスやパセリがあったのですが、夏以降、葉物ががなくなってからは毎日の様にお世話になっています。実は、途中で祖母の家から数株もらってきて移植しました。ただの仕切にも重宝しますが、大きいので、四角い器型にしたり、切り目をいれて円錐形にしたりして使っています。一番分かりやすいのは、行楽弁当の黒豆の器かもしれません。もちろん、使える葉は他にもあると思います。

④シリコンのカップを使う。
私もできるだけ自然な物を使いたいし、ごみを出したくないので、アルミカップは使いませんが、先日、母が自分のお弁当用にシリコンカップを買って、2個くれたのでそれも時々使っています。でも、皆さんほとんど目にしていないと思います。それは、アルミカップ同様、できるだけ自然なもの・色・雰囲気で、と思っているので、カップが見えないようにおかずで隠したり、カップの上にレタスやバランの葉などを重ねて、その上におかずを入れたりしています。最近だと、2・3日前の炊き込みごはん弁当のおかず2品とも下にシリコンカップが隠れています。汁受けと考えているので、おかずの方が大きかったり、飛び出すのは全く問題なし。

⑤下に吸水性のある食材をおく。
少しくらいの水分ならキャベツ玉ねぎの千切りを敷きます。たしか、お弁当屋さんって唐揚げの下にスパゲッティを敷いたりしますよね。そんな感覚だと思います。吸水性とはちょっと違いますが、私はおかずの下に他のおかずを敷くことがあります。フードキャリーの場合、器が深いので、おかずによっては背が低くて、バランスが悪いことがあるのです。そういう時は、横のおかずなどを半分スライドさせて底上げをします。もちろん、味が混ざらない物、一緒になっても大丈夫な物という限定ですが、組み合わせによっては、汁漏れ対策に働いてくれるかもしれませんね。極端な話、お麩や昆布などの乾物を敷くのもありかもしれませんよ。食材を無駄にしないように食べれる状態になるといいですが...。ごはんの上にのせて丼にするというのもありですよね。煮物丼も悪くないかも。


汁気をできるだけ切って入れるというのが前提ですが、以前おそばの時に汁を別の容器で持たせたことがあるので、明らかな汁物は別に持って行ってもらって、食べる直前にかけてもらった方がいいと思います。あと、汁気のおかずの方が大きければ/多ければ、逆に汁気のない物を上に書いたような器で守るという手もあります。

思いつく方法をいくつかあげてみました。こんなんで、お役に立てればよいですが...。その前に、全部ありきたりのことだったらごめんなさい。

↓応援よろしくお願いします。↓
 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

ラザニア弁当

DSC_4428_convert_20081106153125.jpg

昨日の夕飯のラザニアです。日々手抜き度upしてます。

湯葉ラザニア
アレルギーがあるわけでもないのですが、気付けばノンフラワー(小麦なし)ラザニアになりました。トマトソース(レンズ豆・甘い野菜のスープのおから・トマト缶・八丁味噌)/ベシャメルソース(玉ねぎ・玄米粉・豆乳・自然塩)/湯葉を3回重ねて、上はもちあわと豆乳で作ったとろけるチーズもどきです。夕飯から取り分けて入れる時にソースが混じって、下の方がケチャップとマヨネーズを混ぜたようなピンク色になってしまいました。よく考えたらステンレスの容器なんだし、このフードキャリーに直接作って、オーブンで焼けたんですよね。ダンナさまも「ベリーベリーグッド」のできでした。

サンドイッチ
自家製のパンににんにく味噌・そば味噌・マスタードをそれぞれはさみました。間違いなく、ダンナさまの好みです。

りんご
あんまり簡単で、時間もたっぷりあったので、“りんごうさぎ” 作りました。何年ぶりだろう。今度は、キャラ弁みたいに違うのにも挑戦してみようかな。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

カツ丼弁当

DSC_4415_convert_20081105204544.jpg

カツはカツでも車麩のカツ丼です。
昨日の夕飯が車麩のカツだったので、それをアレンジ。と言っても、のっけただけ。
下から玄米ごはん→醤油で煮た椎茸キャベツ車麩のカツとなっています。
プラス、大根おろしソースです。
鮮やかなピンクの添え物は、しょうがの梅酢漬け。自然農家Hくん作の新しょうがで作りました。他に甘酢漬け、醤油漬け、味噌漬けも作ったので、後々登場すると思います。

このお弁当箱(曲げわっぱ)のいいところは、ふたをちゃんと閉めなくていいところです。車麩は完全に上に飛び出しているのですが、ふたをふんわりかぶせて、つぶさない程度に風呂敷で包めばOK。昔の人は、これにご飯をめいいっぱい詰めて、その上におかずをいっぱいのせて、ふたをのっけて仕事に持って行ってたんだよ、と祖母も言っていました。ゆるいふたも先人の知恵なんですね。昔からあるものって、自然に、そしてさりげな~く機能的で素敵です。

↓応援ありがとうございます。↓
 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

炊き込みごはん弁当

DSC_4369_convert_20081104214626.jpg

炊き込みごはん
ごぼう・さつまいも・小豆入りです。

あらめのサラダ
あらめ・キャベツ・にんじんに、梅醤油を和えました。梅醤油は作るの簡単だし、爽やかだし、ドレッシング感覚で使えるので便利です。

むかごとエノキの甘辛煮
霧島ドライブで拾ってきたむかごをえのき茸と煮てみました。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

とろ~り♡パンプキンカスタード・クリームパン

DSC_4298_convert_20081103213223.jpg

名前が長過ぎますが、その名の通りのパンです。
ハロウィンケーキで余ったパンプキンクリームを中にたっぷり入れて焼きました。
中の写真を撮るのを忘れていたので、中身はパンプキンケーキの写真からご想像下さいませ。霧島の温泉に行ったので、途中のおやつにしました。
ちなみに、かごはダンナさまからの誕生日プレゼントです。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

♡バースデーケーキ♡

DSC_4261_convert_20081103213158.jpg

私事で恐縮ですが...、この日は私の誕生日でした。
そして、これが私の☆バースデーケーキ☆ で、誰が作ったと思いますか?
なんと、うちのダンナさま!!

家に帰って冷蔵庫を開けたらこのケーキがどーんと入っていて、びっくり!普段、料理を作るのはほとんど私だし、ましてダンナさまがお菓子を作ったところなんて一度も見たことありません。しかも、すごくキレイ!

味もバッチリでした。ダンナさまは自分で食べるまで自信なさそうだったのですが、食べてみて、自分でも大満足のできだったようです。もちろん私もおいしくいただきました。いや~、本当にびっくりしました。

ちなみに、下はクスクス・レーズン・くるみ・りんごジュース、上はキウイ・葛・メイプルシロップだそうです。葛を使ったのは初めてだし、参考にしたレシピはあるようですが、自分のオリジナルだそうです。

そして、ちょっとこぼれ話。実はキウイを使ったのには訳があるそうです。
私たちが出会ったニュージーランドでは、『キウイ』は3つの意味を持っています。
ひとつはキウイ・フルーツ、ふたつめは国鳥のキウイ、みっつめはニュージーランド人(本人たちも外の人も、日本人・アメリカ人などと同じように、会話の中で普通に「キウイ(=NZ人)」と使います。)です。そして、この鳥のキウイは、体に対してかなり大きな子ども(卵)を産むらしく、お産でへとへとのお母さんの代わりにお父さんが子育てをするそうです。そこで、子どもの面倒をよく見て、協力的な夫のことをNZでは、『キウイ・ハズバンド』と呼びます。そう、それで「自分もそうだぞ」というアピールをしたかったそうです。はい、この日も(初めて)1日姫の子守りをしていただきました。自己アピールするくらいですから、これからもどんどん頑張っていただきましょう。

DSC_4307_convert_20081103213249.jpg

DSC_4311_convert_20081103213315.jpg

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

大根葉弁当

DSC_4245_convert_20081103213021.jpg

今日は土曜日ですが、1日研修だったので、お弁当を持参。
ごはんに自家製大根葉のお漬け物と焼き海苔をのせただけです。
何と言われようが、自分のお弁当は“ごはん”さえあれば満足なのです。

 にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。